名刺印刷はその人の真実を語る

名刺印刷というものは、あんな小さい紙ですが、他に類をみないくらいその人のいろいろなことを物語ります。それは名刺に印刷されている、その人がどんな会社でどんな役職なのか、ということだけでなく、名刺の渡し方ひとつで、その人のいろいろな面がわかります。

絶対にしてはいけないこと

名刺印刷に関することで絶対にしてはいけないことが、名刺を切らしてしまうということです。名刺を切らしていて相手に渡せないということは、当然相手に自分の身分を正式にお伝えできないということのほか、もし、目上の人であった場合、目上の人から名刺を頂き、自分は渡さないという大変失礼な行為になってしまいます。相手が名刺を持っていなかったからといって自分は持っているのに渡さない、という人はいませんので、結局、自分だけ受け取ってしまうことになります。名刺というものは当然、切らしてしまう可能性があるため、絶対に切らさないという気持ちがあれば、鞄の中にストックを入れておくとか、名札に予備を数枚入れておくとか、いろいろな対策が打てるはずですが、それでも切らしてしまうということは、仕事に対する不誠実さをあらわすことになってしまいます。

名刺交換時のマナーと注意点

名刺を渡すときには様々なマナーがありますが、例えば渡す時の順番に役職を意識しない人は、心のどこかで役職を重んじていないわけですので、組織に対する忠誠心の無さがうかがえます。また、名刺を渡すときに、平気で相手の名刺の位置よりも高い位置で渡してしまう人は、相手への気配りや謙虚さ、身勝手さがうかがえます。このように、名刺の渡し方ひとつで、その人が仕事において、どのくらいのレベルにある方かをある程度判断することができます。よって、相手がどのような方なのか、尊敬すべき方か、気をつけなければいけない方か、あまり気にしなくてもいいかたか、を名刺の渡し方で見抜こうとする人もいますので、名刺を渡すときや置くときは細心の注意をはらったほうがいいでしょう。

名刺交換でイメージアップする秘訣

上記で記載しましたとおり、名刺交換にはいろいろなマナーがあり、これらのマナーを守らないと社会人として悪くみられてしまい、極論をいえば、出生に影響することも十分ありえます。では、名刺交換時はとにかくミスをしないように、となってしまう方も多いのですが、それはあくまで守りの姿勢であり、ミスしないようにしようと緊張している様子は相手から見て手に取るようにわかってしまいます。この問題は勿論、慣れと経験でカバーできるのですが、ここでは簡単にこの問題を解決する秘訣を紹介します。それは名刺交換で守るべきポイントを少しオーバーに行うのです。例えば、先に渡したいときはとにかく早く渡します。役職の序列を意識するときは、あきらかにその人に向かって動きます。このように、ミスしないように意識するのでなく、良い動作を強調しようとするほうが、前向きであり緊張せずに貫禄ある雰囲気を出すことができます。

20枚~80枚まで片面白黒印刷240円(税別)から。 会員登録で必要事項を入力すれば次回から簡単発注できます。 オリジナル性を発揮する各種加工も低価格で実現できます。 データ入稿は安さだけではなく最短当日発送可能です。 代引き、銀行振り込み、クレジットカード決済可能です。 発送スケジュール表があるのでいつ届くかわかりやすい。 20枚から注文できます。少ない枚数でも対応します。 こだわりのオリジナル名刺印刷はこちら!