名刺の印刷と保管のコツ

その人物の顔としての役割を持つ名刺印刷は、あらゆるシチュエーションで使われます。ビジネスにおいて欠かせないツールですが、意外といらない使い方のポイントや知っておくと便利な保管方法があります。それらを知っておくことでより便利で効果的なツールになるのです。

貰うよりも渡す方が大切

名刺交換をするタイミングは社内、社外ともにさまざまな状況が考えられます。交渉する場合はお互い名刺交換するケースがほとんどです。しかし、外出先や懇親会などで急遽名刺交換するケースも少なくありません。このような場合、名刺を貰うよりも積極的に配ることをオススメします。相手の名刺を貰うことも大切ですが、より多くの相手に自分の名刺を配ることによって、新たなビジネスチャンスが舞い込みます。たまたま出かけたパーティの名刺交換がキッカケで、ビジネスパートナーになることもよくあるシチュエーションです。相手に名前を覚えてもらうことがビジネスにおいては大切です
したがって、名刺交換は相手が名刺を持参していなくても積極的に渡すように心掛けることが重要になります。

フォルダーのカテゴリー分け

貰った名刺を保管する際は名刺専用のフォルダーを利用すると便利です。この際、たくさんある名刺をどのように分けるのかもポイントになります。会社ごとに分ける方法もありますが、役職別に分ける方法もオススメです。
営業職の場合、横の繋がりを広げるために情報を共有し合う相手と、自社のサービスを売り込む時にアピールする相手の役職が異なることが多いです。前者の場合、自分と同じ年代のスタッフ多くなりますが、後者の場合は管理職などの上級職の相手の方が効果的になります。その場合、役職ごとにファイリングしておけば、会社を1つ1つ探す探しながら名刺を見つける負担が少なくなるのです。
挨拶回りをする際にとても効果的なので、ぜひ試してみて下さい。

展示会に持参すると便利

最後に紹介するのは、展示会などで名刺を活用する方法です。さまざまなメーカーが技術力をアピールする展示会などでは、アンケートや名刺印刷痔技術を紹介をするタイミングがあります。ここで名刺を渡しておくことで、後日、ビジネスに関するお知らせメールが届いたり、会社にカタログなどを送ってもらえることがあります。わざわざ個人情報を記入する手間も省けますし、横の繋がりを広げるチャンスにもなるのです。とてもお得で便利な方法なので、展示会に行く際は名刺を持参して行くことをオススメします。
以上のように、名刺印刷には知っておくと得するポイントがいくつもあります。ビジネスチャンスが広がるだけではなく、名刺の管理もしやすくなるので便利です。ぜひこれらの方法を実践してみて下さい。