正しい名刺交換の仕方

ビジネスの場では、初対面の相手と名刺を交換します。ビジネスマンにとって、名刺の印刷面は自分の顔のようなものです。名刺交換は、相手に自分を知ってもらい、信頼を高めるための大切な挨拶なのです。今回は、相手に失礼のない正しい名刺印刷や交換の方法について紹介したいと思います。

名刺を交換する際の順番

名刺の交換は、人数の構成やその時の状況に合わせた順番で渡します。1対1で名刺を交換する時は、目下の人が目上の人に名刺を差し出すのが基本です。ビジネスにおいて目上・目下は社会的地位や年齢に関係なく、目上はお願いをされている(お金を出す)立場の人を指し、目下はお願いをしている(お金を貰う)立場の人を指します。つまり何かの営業活動を行う場合、名刺は必ず自分から差し出します。複数で名刺を交換する時は、まず上司同士が名刺を交換し、続いて部下が名刺を交換します。ここで重要なのは、上司より先に部下が名刺を交換してはいけない、という点です。この決まりを守らなければ相手に不快な気分を与えてしまうので注意しましょう。

名刺交換を行う時の基本的なマナー

まず、名刺入れを胸の高さに持ち、スムーズに名刺を渡せるよう準備して下さい。複数の相手と交換する場合は、事前に名刺入れから人数分を取り出しておきましょう。名刺交換は立って行います。この時注意したいのは、テーブル越しに名刺交換を行わない事です。必ず相手の方に回り込んで名刺を渡して下さい。そして目下の方から先に社名と名前を名乗り、軽くお辞儀をして名刺を渡しましょう。この時、名前はフルネームで名乗るのが丁寧な挨拶です。名刺は両手で持ち、相手の目を見て笑顔で差し出すようにして下さい。また、名刺を受け取る時は「頂戴致します」と言いながら両手で受け取りましょう。黙って受け取るのは相手に不快な印象を与えてしまいます。

同時に名刺交換を行う時の基本的なマナー

実際のビジネスの場では、同時に名刺を交換する場合もあります。この時も普通の名刺交換と同じように、自分の名刺を胸の高さで持ち、両手で相手に差し出して下さい。そして右手で自分の名刺を持ったまま、左手で相手の名刺の左端を持って下さい。相手が自分の名刺を受け取ったら、空いた右手を添えて相手の名刺を受け取りましょう。ここで気を付けておきたいのは、自分の左手が、相手の名刺の文字に被らないようにする事です。文字と被るように持ってしまうと、相手を軽んじている行為になってしまうので十分注意しましょう。また、名刺を受け取る際も、必ず両手で持ってから自分の胸の前に名刺をひくようにして下さい。片手で行う名詞交換は行儀が悪いとされ、相手に悪い印象を与えてしまいます。